遺留分

遺留分とは、法定相続人の一部に認められる、相続分の最低の取り分を指します。
すなわち、遺言書でどのような内容が書かれていようとも、相続分(遺留分)として一定の割合を自己の権利として主張できます。

少し前まではこの事を「遺留分減殺請求権」と呼んでいましたが、今は「遺留分侵害額請求権」と呼びます。これは、遺留分に満たない権利分を、金銭で代償するよう法改正があったからです。

法定相続人は、被相続人の配偶者・子・直系尊属・兄弟姉妹を指します。この内配偶者・子・直系尊属には遺留分が認められます。兄弟姉妹にはありません。代襲者にも遺留分は認められます。遺留分として認められるのは、法定相続分の半分です、直系尊属の場合は3分の1です。子や直系尊属が複数いる場合は、その頭数で按分します。

お客様の遺言書作成を支援する、宮崎県日向市の行政書士事務所です。
詳しくはこちらか、下記バナーをクリック。

遺言書の無料相談ダイヤル 宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

Posted by 行政書士 吉永