法定相続人

遺産を継ぐ人は民法で決められています。この人の事を法定相続人と呼びます。遺言書があれば、法定相続人以外に遺産を分割する事も可能ですが、法定相続人自体がいなくなる訳ではありません。遺産を分割する相手が法定相続人かそれ以外の方かによって、遺言書の書き方が変わります。

被相続人の配偶者は常に相続人となります。事実婚は含みません。被相続人とは、亡くなられた方の事です。

被相続の配偶者は常に相続人です。宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

以下、被相続人に近い親族の方から、優先的に配偶者と並んで相続人となります。
1.被相続人の子(前婚の子なども該当します)

被相続人に子がいれば、第一順位の相続人になります、配偶者は常に相続人です。宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

2.被相続人の父母や祖父母(直系尊属)

被相続人の子がいない場合、被相続人の直系尊属(父母、祖父母)が第二順位の相続人となります。宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

3.被相続人の兄弟姉妹

被相続人の父母(直系尊属)もいない場合、兄弟姉妹が第三順位の相続人となります。宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

子などの相続人がいない既に他界されているような場合、そのお孫さんが相続する「代襲相続」といった制度もあります。

法定相続人に遺産の分割を指定する場合には「相続させる」
それ以外の方の場合は「遺贈する」
と書きましょう。大抵の場合、相続は贈与よりも税制面で優遇されているからです。

相続では相続財産に対し単独で権利を行使できるなどの扱いも認められており、実際の相続手続き(登記の書き換えや通帳の名義変更など)に影響があります。

また「譲る」「渡す」などの記載は止めましょう。

お客様の遺言書作成を支援する、宮崎県日向市の行政書士事務所です。
詳しくはこちらか、下記バナーをクリック。

遺言書の無料相談ダイヤル 宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

Posted by 行政書士 吉永