遺言書の制度

遺産を継ぐ人=相続人は民法で決められています。この人の事を法定相続人といいます。
法定相続人には「遺留分」という、相続分の最低の取り分が認められています。この取り分が守られていない遺言書を残してしまうと、あとあと、遺産を引き継いだ方がこの遺留分を請求されてしまうかも知れません。

法定相続分についてはこちら

遺留分についてはこちら

遺言書には、自宅などで手書きで作成する以外にも、複数の作成方法が用意されています。費用や遺言書開封時の手続きに違いがあります。ご自身にあった作成方法を選択する必要があります。

遺言書の種類についてはこちら

これらを踏まえて遺言書を作成頂き、有効な遺言書を残せるようにしましょう。
無効な遺言書を残してしまっては、反って親族間のトラブルを助長させかねません。

お客様の遺言書作成を支援する、宮崎県日向市の行政書士事務所です。
詳しくはこちらか、下記バナーをクリック。

遺言書の無料相談ダイヤル 宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

Posted by 行政書士 吉永