夫婦に子供や孫がいない

子や孫がいない夫婦を例にとってみましょう。

設定例

被相続人・遺言者(下図 A)の母親が存命(同じく 母親C)
父親は既に他界
被相続人Aは母親Cと共に、父親の遺産を既に相続しているとしましょう。

被相続人・遺言者(下図 A)の母親が存命(同じく 母親C) 父親は既に他界 被相続人Aは母親Cと共に、父親の遺産を既に相続している 遺言書の作成やご相談は 宮崎県のよしなが行政書士みやざき事務所

この場合に被相続人Aが急逝されたらどうでしょう。

遺言書がなければ、被相続人Aの母親Cとその配偶者(上図 配偶者B)が相続人となります。

分割の仕方は任意ですが、一度は母親Cと分割して父親から被相続人が相続したものを、母親C(父親の配偶者)が相続する可能性があります。

この事を周囲がどう感じるかです。

  • 父親から相続したものを、配偶者Bに相続させられた
  • 3分の1は母親Cが相続しますが、間もなく2次相続になったとしても不思議はない
  • 母親Cは「配偶者Bに相続させるなら、他の兄弟姉妹(上図 兄弟姉妹D)に相続して欲しかった」と思っ

この例では、繰り返しになりますが嫁と姑(母親Cと配偶者B)の遺産分割協議となります。
果たしてこの遺産分割協議がどう展開するのか、不安は少なくないのではないでしょうか。

遺言書を用意したら

遺言書を用意すれば、遺産分割協議を避けられます。

母親の遺留分は6分の1です。
配偶者に全財産を敢えて相続させて、遺留分を現金で弁済して貰うやり方も考えられます。

被相続人Aに兄弟姉妹がいるなら、兄弟姉妹に遺贈する遺言書を作成するのもいいでしょう。上図でいえば兄弟姉妹Dに当たります。
周囲にとっては受け入れ易いものになるかも知れません。
父親の相続分を、結局別な子が相続したとも取れるからです。

お子さんやお孫さんがおられないご家庭の場合は、まだ若いからと思われず、残される家族や親族の視点に立って、もしもの時のご準備を進めておきたいところではないでしょうか。

お客様の遺言書作成を支援する、宮崎県日向市の行政書士事務所です。
詳しくはこちらか、下記バナーをクリック。

遺言書の無料相談ダイヤル 宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

Posted by 行政書士 吉永