遺言書の有無と相続分

法定相続分と遺留分の基本的な関係は以下の通りでした。
代襲相続などの制度もありますので、ご注意下さい。

法定相続分
第一順位2分の1
第二順位直系尊属3分の1
第三順位兄弟姉妹4分の1
  • 同順位の者が複数いる場合は、その頭数で按分
  • 配偶者は常に相続人となります
  • 配偶者の相続分は表の残り
  • 法定相続分の半分が、遺留分になります。兄弟姉妹には遺留分はありません

遺言する場合の相続例

遺言書がなく法定相続通りに遺産分割した場合と遺言書を用意した場合とで、どう相続分を変化し得るのか、以下のような例を挙げながら検証してみます。

記事を参考頂くに当たって

遺言者の希望を出来るだけ叶える遺言書には、以下のような事柄も密接に関係してきます。

  • 遺言者の保有財産
  • 相続人の数
  • 相続人相互の仲、相続人と遺言者との仲

その辺りのご自身の境遇を思い浮かべながら、上記の記事をご参考頂ければと存じます。

法定相続分については、こちらでおさらいしています。

お客様の遺言書作成を支援する、宮崎県日向市の行政書士事務所です。
詳しくはこちらか、下記バナーをクリック。

遺言書の無料相談ダイヤル 宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

Posted by 行政書士 吉永