事例別、役立つ遺言書

書き方以前に。お客様や個々の状況は様々でしょう。
遺言書を作成する場合、全ての遺産について、分割の仕方を遺言者(被相続人)が指定するのが通常です。一部の分割の指定に留めたり、分割の仕方を第三者に委ねたりする方法もあるのはあります。
またお客様(遺言者・被相続人)自身の希望もあるでしょう。

  • 債務の方が多い
  • 相続人(親族)相互で話し合って、遺産分割方法は欲しい
  • しかし希望は伝えたい(相続人相互で決めて遺産分割方法は決めて欲しいが)
  • そもそも見当がつかない、どう遺産分割するのが望ましいのか
  • 相談相手が欲しいが、親族には相談し辛い。適当な方が思い当たらない
  • 遺言書の有無で相続手続きがどう変わるのかわからず、躊躇している、遺言書を遺すことに
  • 内容を知られたくない、遺言の
  • 気恥ずかしい

債務超過なら、遺産分割時に相続人に相続放棄や限定承認を選択して貰った方がいい場合もあるでしょうし、遺産の分け方を相続人相互で決めて欲しい場合は、遺言の方法によらずとも、エンディングノート等で希望を伝えたり、保有財産状況を書き残して置いたりすれば充分とも言えます。
また遺言が実際に執行されるまで間がありますから、その間に遺言者の資産状況がどう変化するのか、遺言者自身でも掴みかねるかも知れません。

このように、遺言書の役立て方は、様々です。

当事務所では、そういったお客様の不安や将来の悩みも初回面談でお伺いした上で、遺言書が必要かどうか、当事務所のサービスをご利用されるかご検討頂ければ幸いだと考えております。
ファイナンシャルプランナーの資格も有しておりますので、遺言者自身のライフプランニングと照らし合わせながら適した方法がご案内できるよう努める所存です。

初回相談無料で訪問します(近隣 宮崎県日向市・門川町 地域)ので、お気軽にお問い合わせ下さい。弊所は宮崎県の行政書士事務所です。

以下、事例別にまとめております。

お客様の遺言書作成を支援する、宮崎県日向市の行政書士事務所です。
詳しくはこちらか、下記バナーをクリック。

遺言書の無料相談ダイヤル 宮崎県日向市の行政書士 よしなが行政書士みやざき事務所

Posted by 行政書士 吉永